お役立ち情報

【iPhoneを長く使い続けたい!】コツと気を付けるべきポイント その1

もはや私たちの生活に欠かせないスマートフォン。

中でも日本で特に人気が高いのがiPhoneです。

 

最新機種が出るたびに買い替えるiPhoneファンの方もいれば、

「まだまだ使えるから」
「昔のiPhoneの方が使いやすいから」

と旧機種を大切に使い続ける方も多いです。

 

今回は、iPhoneを長く使い続けたい人のために、

iPhoneの寿命を長持ちさせるコツをご紹介します。

 

iPhoneを長く使い続ける為のコツと豆知識

iPhoneに限らず、精密機器であるスマホは使い方によって

その寿命が大きく変わります。

 

誰にでもできる長く使い続けるコツとして、以下の2つが挙げられます。

①バッテリーの状態をこまめにチェック!
②落下などの衝撃を与えない!

この記事では①バッテリーの状態をこまめにチェック!に関して書いていきます。

 

 

①バッテリーの状態をこまめにチェック!

バッテリーは消耗品ですので、年数が経てば経つほど劣化していってしまいます。

 

iPhoneの寿命=バッテリーの寿命と捉える人がいるくらい、

バッテリーはiPhoneを長く使いたいなら大切にすべき部品です。

 

バッテリーが壊れてしまうと、たとえ他のパーツに問題なくても

電源がつかなくなってしまうので、実質的にiPhoneの寿命を迎えることになってしまうわけです。

 

つまり、バッテリーの劣化はiPhoneの寿命に大きく影響を及ぼします。

バッテリーの状態を常に知っておくことで、iPhoneをより長く使い続けられると言えるでしょう。

 

iPhoneのバッテリーの状態を確認する

iPhoneのバッテリーの状態は「iPhone6以降&iOS11以降」なら、

設定から確認することができます。

 

1.「設定」アプリを開く
2.開いた画面から「バッテリー」をタップ
3.「バッテリーの状態」をタップ
4.開いた画面の「最大容量」の数値を確認(新品の状態が100%)

 

iPhoneは標準機能でバッテリーの状態がいつでも確認できるので、とっても便利!

「最大容量」が85%を下回ったら、バッテリーを交換の目安です。

 

iPhoneのバッテリー劣化を防ぐには

バッテリーはその性質故にどうしても劣化してしまいます。

ですが、正しく使うことで劣化の速度を遅くすることは可能です。

劣化を防ぐためには、以下のような使い方がポイントです。

 

1.フル充電をしない
2.ポケットなどに入れて熱をこもらせない
3.充電器を差したままアプリを使用しない

 

特に気を付けたいのは、「フル充電」をしないこと。

 

バッテリーをフル充電して使用をしていると、放電深度というものが強くなり

バッテリーに大きな負荷がかかってしまいます。

 

80%~20%の充電状態での使用、バッテリーに一番優しいといわれています。

また、iPhoneには日々の充電サイクルを自動的に計算し、

最適なタイミングでフル充電になるよう自動調整してくれる

「最適化されたバッテリー充電」という機能も備わっています。

 

先に紹介した「バッテリーの状態」の画面から設定できるので、

機能がオンになっているか、一度確認してみることをオススメします。

 

【来店予約で修理合計金額から500円OFF】

予約する

電話予約 042-506-0250

 

【バッテリーの交換目安は購入から2年】

バッテリー交換時期とは?

iPhoneにも適温があることをご存知ですか?

 

【画面補強を見直し・アップグレード】

ガラスコーティングをもっと詳しく!

コーティング公式ホームページ

 

・================・

店舗名 スマートクール ららぽーと立川立飛店

住所 〒190-0015 東京都立川市泉町935-1 ららぽーと立川立飛 3階

電話番号 042-506-0250

営業時間 10:00~20:00 年中無休 (年末年始などは営業時間が異なる場合がございます)

メール info@smartcool-tachikawa.com 

・================・

気軽にお問い合わせ下さい

メールでのお問い合わせはこちら